KMGホールディングス株式会社

九州北部・中部80拠点のネットワークでお客様のカーライフをサポート

新着トピックス

お近くのお店を探してください!店舗サーチ
三菱系販売会社
スズキ系販売会社

休業日カレンダー

3月

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

4月

            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

色のついた日付は休業日です

休業日カレンダー

3月

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

4月

            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

色のついた日付は休業日です

新着トピックス

2017/02/11
『アウトランダーPHEV』を一部改良、最上級グレード「S Edition」を設定して発売!
三菱自動車は、プラグインハイブリッドEVアウトランダーPHEV』にEV走行を優先させる新機能を採用
したほか、「スマートフォン連携ディスプレイオーディオ[SDA:Smartphone Link Display Audio]」の装備や予防安全機能を向上させるなど一部改良を施しました。

併せて、より上質な乗り心地と優れた操縦安定性、
プレミアム感ある内外装を特長とした最上級グレード「S Edition」を新たに設定し、
全国の系列販売会社を通じて29日(木)から販売を開始いたしました。
車両本体のメーカー希望小売価格は3,659,472円~4,789,260円(消費税込)。


  【アウトランダーPHEVS Edition」】



【 主な改良内容 】


(1)プラグインハイブリッドEVシステム
 ●
高速道路の合流など加速時において、駆動用バッテリーからの電力供給をより持続させ、
     発電のためのエンジン始動を遅らせることで、今まで以上にEV走行を維持できるよう改良しました。
  ● 駆動用バッテリーの電力消費を抑える「バッテリーセーブモード」、
   充電する「バッテリーチャージモード」に加え、EV走行を優先させ
        能な限りエンジン始動を抑えるEVプライオリティモードを新たに設定しました。
   ● 充電制御を改良し、約80%までの急速充電時間を約30分から約25分に短縮したことによって
        利便性を向上。

(2)予防安全技術e-Assist」(いずれもMグレードを除く
 ● 「衝突被害軽減ブレーキ[FCM]」のセンサーをミリ波レーダーからカメラとレーザーレーダーを
        併用したシステムにすることで、歩行者検知機能を追加するとともに、衝突回避性能を向上
        ※(ミリ波レーダーは、「レーダークルーズコントロール[ACC]」に使用)。
        「車線逸脱警報システム[LDW]」の警報精度を向上させると共に、警報タイミングを最適化。
 ● 「後側方車両検知警報システム(レーンチェンジアシスト機能付)[BSW/LCA]」、
       「後退時車両検知警報システム[RCTA]」を新採用。 
       誤発進抑制機能(前進及び後退時)[UMS]」、
       「パーキングセンサー(前 後)」をセットとしてメーカーオプション設定しました。
            ・「後側方車両検知警報システム(レーンチェンジアシスト機能付)[BSW/LCA]」では、
             高速道路など多車線道路走行時に後側方を並走する車両や隣接車線後方から接近してくることが
             予想される車両を検知。 
           ・「後退時車両検知警報システム[RCTA]」では、駐車場から後退して出庫する際、
             後側方から接近してくる車両や自車後方を横切る車両を検知、いずれもドアミラーインジゲータ
             と警告音で注意を促します。
 ● 夜間走行時、周辺状況や先行車・対向車の有無により、ハイビームからロービームへの切り替え
         ハイビームへの復帰を自動的に行うヘッドライトシステムオートマチックハイビーム[AHB]」
         を採用

(3)機能装備
  ● 
ディスプレイオーディオにスマートフォンとの連携機能を追加した
         「スマートフォン連携ディスプレイオーディオ[SDA]」を最上 級グレード「S Edition」に
         標準装備。※(「G」系3グレードにメーカーオプション設定)。 
  ● 電動パーキングブレーキの採用により、従来のレバー操作から、
         ワンタッチ操作で確実に作動できるよう変更
。また、「ブレーキオートホールド」を追加し、 
         信号待ちや渋滞時にブレーキペダルから足を離しても停車状態を維持することが可能となり、
         ブレーキペダルを踏み続ける煩わしさを軽減しました
 
(4)エクステリア
       ●
フロントフォグランプをLED(リフレクタータイプ)として消費電力を抑えたほか、
            ロービーム灯火時のヘッドライトとの色調を統一しています。
        ● ボディカラー展開(全7色、除く「S Edition」)を見直し、クールシルバーメタリック
           新たに設定。 

 
新型アウトランダーPHEVのインターネットショールームをこちらからご案内しております。】
http://www.mitsubishi-motors.co.jp/outlander_phev/index.html


一覧へ戻る

ページ上部へ